スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Summer Intensive

2015-08-17 | 19:44


皆様、お久しぶりです。
SoloGが最後に更新された日を見ていただければ、かなり長い間、このブログが更新されていなかった
ことがおわかりになると思います。
『更新されない現状…』
それは、時間に追われる日々が当たり前の私自身に、ブログに費やすための時間が確保出来ないから…。
2009年8月にこのブログをスタートし、早くも6年。頭の中にはいつも『更新』という2文字があるものの、
頻繁に更新することはやっぱり難しい…。
でも…、今日…、久しぶりに書いてみようと思います。

SOLOが活動を開始してから14年。
2007年にConsultingと並行して、Dance Educationを提供するようになってから、Private Coachingを
通して子供達の育成に携わる機会が年々増えて来ています。そして最近は、嬉しいことに、日本人だけ
でなく、私の住んでいるサンフランシスコ近郊のローカルの子供達の育成にも携わる機会が増えて来て
います。
今年の夏、ローカルのバレエスクールに通う生徒2人のご家族から、2週間のSummer Intensiveを設けて
欲しいというお話しをいただきました。アメリカのスクールの多くは、夏休み期間中、他スクールのサマー
プログラムへ通うことが許されているのですが、この2家族は、今後の上達には『基本の見直し』が必須…
と考えられていらっしゃったため、他スクールのサマープログラムへの参加にはご興味なかったようです。

Summer Intensiveの内容は、テクニッククラスとポアントクラスを通し、基本と技術の徹底的な見直し
プラス強化を1週目に。2週目には、テクニッククラスをポアントで行い、普段習うことが出来ないクラシック
バリエーションの振りを教え、指導して行きました。
日本のお教室環境とは違い、こちらでは自習する時間は100%与えられていませんので、出来ない技術
を生徒自身が克服する時間もなく、与えられているレッスン時間外に、生徒が指導者の指示を求めること
も出来ないため、今回のこのIntensive期間には、生徒自身が克服したいこと、やってみたい技術等に、
一日一日耳を傾けながら、生徒と指導者が一緒に上達を目指す…という点を重視しながら指導して行きま
した。

たった2人の生徒のために行われたSummer Intensiveでしたが、この2週間は私にとってとても楽しい日々
でした。 子供達の目の輝きは、指導している私自身に大きな力を与えてくれます。
これぞ相乗効果です(笑)。
やる気と楽しさが合わさった時、子供達は大きく成長します。そして、その成長を子供達自身が認識出来た
時、子供達は更に成長するものです。

写真は、Summer Intensive終了後にそれぞれの生徒からいただいたカードです。
またいつか、このような機会に恵まれる日が来ることを願いながら、これからも質の高い指導の継続を
目指したいと思います。

ファイル+2015-08-17+19+02+01_convert_20150818113307

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。