スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後の経過-その3

2012-11-28 | 22:48


今日で丁度、手術を終えてから8週間が経ちました。
最後にこのブログでお話しさせていただいた経過報告は、術後10日までの様子でしたので、
今日は、簡単にですが、これまでの経過をお話しさせていただこうと思います。

術後1週間目に医師のフォローアップ検診を終え、経過がおよそ順調であることがわかって
からは、子供の送り迎えやショッピング等、何でも良いのですが、毎日、少しずつ外へ出る
時間と歩く量を増やし、無理のない程度に足に体重を掛け、慣れさせよう…と心掛けていま
した。

術後3週間目…、いよいよリハビリ開始。
本当はもっと早くからリハビリを開始出来たのですが、アメリカの医療保険のシステムの
関係上、色々と踏まなければならない手続き等があり、リハビリを開始出来るまで、予想
以上に時間が掛かってしまいました…苦笑

リハビリ初日、
まずは、膝だけでなく、左足全体がどれだけ弱ってしまっているのかをチェック。
手術前より、痛みは酷くはなかったものの膝への負担を無意識のうちにかなりかばっていた
ようで、右足と左足の筋力には大きな差がありました。
この日のメニューは、膝に力を入れる練習や、膝に力を入れた状態で足を持ち上げる(身体
はベットの上に寝た状態)練習、そしてバイクエクセサイズ等…、アスリートには少々簡単
過ぎるメニューかな…と感じるほどで、どれも軽くクリア出来ました。

私のリハビリスケジュールは、計8回。
2回目のリハビリからはメニューが少しずつハードになり、3回目にはウォーキングの機械や
レッグプレスの機械を使った筋トレを開始し、4回目にはスクワット、バランスボード等、私の
リハビリは加減なくハードさを増して行きました。

術後6週目、
膝に負担が掛かり過ぎるのは問題なので、角度は深くはありませんがバランスボードの上
でシングルスクワット(片足)も可能に…。

術後7週目、
バレエクラス…と言ってもバーだけですが、どのくらいまで動かすことが出来るのか…と試し
にオープンへ参加…。

余談ですが、
怪我をしてみるとバレエを踊ることの難しさ…、実感出来るものですね(笑)。
引退直前、発覚した時には既に治り掛かっていましたが、腰の疲労骨折の痛みに悩まされ
ていた時期があり、その時も痛い腰に再度負担が掛からないよう、ローテーションの仕方や
身体の使い方、立ち方等々を自分なりに研究し、身体の一部に支障が出るだけで身体全体
の使い方のバランスがいかに崩れるか…といことを実感しました。
先日、バーをしてみて…
今回は、身体の中心部の腰ではなく、『左膝』…と極一部なのにも関わらず、
やはり身体全体のバランス…、悪いのです。

因みに今回のバーレッスンで一番苦労したことは、ターンアウトのローテーションを使わない
こと。ローテーションを利用しながら動かすことに慣れていた私の身体は、身体の一部を
動かす度に自然にターンアウトをしようとローテーションのエネルギーが身体全体に働いて
いたのですが、左足が軸の時、このローテーション運動は予想以上に膝全体を使うようで、
半月板が半分になってしまった私の膝は、ローテーションしようとする度に、骨と骨がゴリゴリ
擦り合うような嫌な感じがしていました…苦笑。

そして明日、術後8週間…、リハビリ最後の日。
『バレエに本格的に復帰する気も、ジャンプする気も全くないけれど、緊急時に子供の手を
引っ張って走って逃げられるだけの力はないと困る…』という私の要望に応え、
私のリハビリ担当医は、明日、ジョギングの練習とジョギングのテストしてくれるそうです。
バランスボードの上でのシングルスクワットも、バーレッスンも…、今では痛みも腫れもなく
こなすことが可能になりましたが、実はまだジョギングは試みたことがなく少々ドキドキして
います。

しかし、
幼い子供を育てる母として…、
2匹の犬を飼う飼い主として…、
主人の留守に何かある際は私がこの子達を守らなければ…、
というわけで、明日、最後のリハビリ&ジョギングテスト…、精一杯頑張りたいと思います!!!







Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。