FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経験から一つ…

2012-09-02 | 00:00


日本でもニュースになっていたことと思いますが、
先週末から今週頭に掛け、フロリダ半島へ、大型ハリケーンが上陸するとの予想が
発表されていました。

実はその週末、SOLOのクライント2名が、新学期開始に向け、フロリダへ渡航すること
になっており、子供達の出発数日前より、ご両親も、そして私も、安全に渡航出来るか
どうか、ハラハラドキドキの時間を過ごしていました。

フロリダへは直通便がないため、2名とも経由してフロリダへ向かう便を利用しており、
日本出発当日、経由地の天候は問題ないため、フロリダでの天候状況には関係なく
渡米することに…。
『どうか経由地で乗り換え便がキャンセルされませんように!!!』
祈る思いで、私は2名の日本出発時刻をiPhoneの時計で確認し、運行状況を頻繁に
確認しながら経由地までの到着を待ちました。

1人目…、
無事に経由地へ到着。
日本出発便の経由地への到着時に、乗継便の遅延も、そしてキャンセルの可能性
も公表されてなく、乗継便も予定通り出発…。『良かったぁ…』

2人目…、
日本出発便の経由地への到着前に、乗継便のキャンセル確定を航空会社のウェブ
サイトで確認。同時期にお母様からも、乗継便欠航のお知らせが届きましたので、
私は、直ぐに経由地でのホテル検索をはじめました。
『満室です』『満室です』…、『満室です』。
空港周辺、市内、市外、どこのホテルに電話しても『満室です』との答えが…。

『とりあえず、代替えの飛行機も確保しなければ…』
ホテル探しは一旦保留にし、航空会社へ電話。
『Your estimate wait time is 35 minutes』
待ち時間35分…。
航空会社に繋がっている電話をスピーカーにし、別の電話でホテル探しを再び開始。

そんな中2人目の子が経由地へ到着。
色々なことを同時進行しながら航空会社のウェブサイトを改めて確認すると、翌日便
も全てキャンセルになっていることを知り、『兎に角、空港まで迎えに行こう…』
私は繋がっている携帯電話2台を繋がったまま持ち出し、車を走らせ、空港へ向かい
ました。

結局、航空会社のスタッフと話しが出来るまでの待ち時間は1時間28分。
それでも、空港にて、2人目の子自身が、航空会社のスタッフとやり取りする前に、
電話越しで(私の方で)代替え便を確保することが出来ましたので、待った甲斐はあり
ました(笑)。
依然、ホテルの確保は絶望的でしたので、その日は私の自宅へ泊っていただくことに。
不幸中の幸いというのでしょうか…、
2人目の子の経由地は、なんとサンフランシスコ空港だったのです(偶然…笑)。

今回の経験から1つ学んだこと…、
それは、
常に最悪な事態になることを想定して、事前に十分の情報収集をするべきである
ということ。

これまで悪天候等でフライトがキャンセルされ、急遽代替え便の確保、ホテルを確保
という事態は幾度もありました。
多くの国では、未成年の単身宿泊は許可されていないため、私自身は、その問題に
対応する準備もし、保護者の方へは、『万が一のフォローはお任せ下さい』とお伝えし、
お子様を日本の空港で見送っていただきました。

大都市のホテルが全て満室

普通に考えればありえないことですが、その予想もつかないことが今回起こってしまい
ました。
以前、ニューヨークで同じようなことが起こった時、宿泊場所を必要としている子供を
目の前に、フロンデスクのスタッフは、『未成年だから宿泊させられない』とその子の
宿泊を拒否したことがありました。
その子から困って私へ電話が入り、私はホテルへ電話…。
フロントデスクのスタッフでは埒が明かないので、マネージャーを出して欲しいと頼み
『ニューヨークの大都会に未成年の子を1人でほっぽらかすのは、子供の安全を守る
べき大人の行為ではなく、犯罪です!!!』とマネージャーを怒鳴りつけたことがあります。
怒鳴りの効果あり、その時は、補足書類を提出することで未成年の宿泊を許可して
いただけたのですが、今回は、怒鳴る相手もいない事態。
今回の経験を生かし、今後、渡航時には、万が一に備え、渡航先のホテルの空室
状況も事前に調べておこうと思います。

数日が過ぎ、2人は無事に新学期を開始しました。
なにはともあれ、子供達の安全は確保出来たこと…、今は、ほっとしています。








Comment

ありがとうございました。

二人目の子は私の姪です。出発前からハリケーンの話を聞いていたのでとても心配していました。その時、私はドバイにおり時差がありなからも姉と連絡をとっていました。幸いにもコンサルティングをしてくださった方がサポートしてくれたと聞き安心しました。本当にありがとうございました。

  • 2012-09-02 | 16:39 |
  • ジャスミン URL :
  • edit
はじめまして。




はじめまして。
今回は、色々ありましたが、安全が脅かされることなく現地へお送りすることが出来ましたのでホッとしております。ドバイですかぁ…。私の近しい友人がスポーツジャーナリストでして、私は訪れたことがありませんが、ドバイという言葉はよく耳にします(笑)。
姪御さん、とても頑張っていらっしゃるので、これからも応援してあげて下さい。


  • 2012-09-02 | 21:57 |
  • SOLO Dance Education & Consulting URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。