FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイアミにおける銀行強盗の連続発生

2014-11-11 | 00:00


マイアミ日本総領事館より本日届きましたニュースレターをご紹介します。
マイアミ周辺にお住まいの方は、十分にご注意下さい。


* * * * *

2014年11月10日
在マイアミ日本総領事館

マイアミにおける銀行強盗の連続発生

FBI(連邦捜査局)によると、マイアミにおいて同一犯行グループによるとみられる銀行強盗事件が連続発生している模様です。犯人は拳銃を所持しており、事件当時、銀行内に一般利用者がいた場合もあります。在留邦人の皆様におかれましては,金融機関をご利用の際には不審者に注意して事件に巻き込まれないようご注意ください。

1.発生状況
マイアミにおいて同一犯行グループによるとみられる銀行強盗事件が少なくとも8月から4件発生しています。犯人は3人組と見られ、黒っぽい服装、サングラス、野球帽を着用し、窓口の行員を拳銃で脅して金銭を強奪した模様です。

2.事件内容
(1) 8月28日(木)午前9時50分ころ、BB&T(2375 SW 122 Ave, Miami)において、犯人1名が銀行カウンターで行員に対し現金を要求し強奪した。
(2) 9月25日(木)午前9時37分ころ、BB&T(869 SW 107 Ave, Miami)において、犯人1名が銀行カウンターで行員に対し現金を要求し強奪した。事件当時、銀行内には顧客が1名いた。
(3) 10月23日(木)午前11時ころ、Citibank(7795 W.Flagler St, Miami)において、犯人1名が銀行カウンターで行員に対し現金を要求し強奪した。事件当時、銀行内には複数の顧客がいた。
(4) 10月30日(木)、午前10時40分ころ、BB&T(2375 SW 122 Ave, Miami)において、犯人3名が行員を拳銃で脅して現金を要求し強奪した。

3.注意事項
* 金融機関を利用する際には不審者に注意する。
* 金融機関利用中に事件が発生した場合には、犯人の指示に従う。
* 金融機関周辺における騒ぎや事件・事故の現場には近づかない。
* 事件発生は月末に多いことから、今後、感謝祭やクリスマスに向けて特に注意する。

【お問い合わせ先】
Consulate General of Japan in Miami
80 S.W. 8th Street, Suite 3200
Miami, FL 33130
(電話) 305-530-9090
(FAX) 305-530-0950
スポンサーサイト

術後の経過-その3

2012-11-28 | 22:48


今日で丁度、手術を終えてから8週間が経ちました。
最後にこのブログでお話しさせていただいた経過報告は、術後10日までの様子でしたので、
今日は、簡単にですが、これまでの経過をお話しさせていただこうと思います。

術後1週間目に医師のフォローアップ検診を終え、経過がおよそ順調であることがわかって
からは、子供の送り迎えやショッピング等、何でも良いのですが、毎日、少しずつ外へ出る
時間と歩く量を増やし、無理のない程度に足に体重を掛け、慣れさせよう…と心掛けていま
した。

術後3週間目…、いよいよリハビリ開始。
本当はもっと早くからリハビリを開始出来たのですが、アメリカの医療保険のシステムの
関係上、色々と踏まなければならない手続き等があり、リハビリを開始出来るまで、予想
以上に時間が掛かってしまいました…苦笑

リハビリ初日、
まずは、膝だけでなく、左足全体がどれだけ弱ってしまっているのかをチェック。
手術前より、痛みは酷くはなかったものの膝への負担を無意識のうちにかなりかばっていた
ようで、右足と左足の筋力には大きな差がありました。
この日のメニューは、膝に力を入れる練習や、膝に力を入れた状態で足を持ち上げる(身体
はベットの上に寝た状態)練習、そしてバイクエクセサイズ等…、アスリートには少々簡単
過ぎるメニューかな…と感じるほどで、どれも軽くクリア出来ました。

私のリハビリスケジュールは、計8回。
2回目のリハビリからはメニューが少しずつハードになり、3回目にはウォーキングの機械や
レッグプレスの機械を使った筋トレを開始し、4回目にはスクワット、バランスボード等、私の
リハビリは加減なくハードさを増して行きました。

術後6週目、
膝に負担が掛かり過ぎるのは問題なので、角度は深くはありませんがバランスボードの上
でシングルスクワット(片足)も可能に…。

術後7週目、
バレエクラス…と言ってもバーだけですが、どのくらいまで動かすことが出来るのか…と試し
にオープンへ参加…。

余談ですが、
怪我をしてみるとバレエを踊ることの難しさ…、実感出来るものですね(笑)。
引退直前、発覚した時には既に治り掛かっていましたが、腰の疲労骨折の痛みに悩まされ
ていた時期があり、その時も痛い腰に再度負担が掛からないよう、ローテーションの仕方や
身体の使い方、立ち方等々を自分なりに研究し、身体の一部に支障が出るだけで身体全体
の使い方のバランスがいかに崩れるか…といことを実感しました。
先日、バーをしてみて…
今回は、身体の中心部の腰ではなく、『左膝』…と極一部なのにも関わらず、
やはり身体全体のバランス…、悪いのです。

因みに今回のバーレッスンで一番苦労したことは、ターンアウトのローテーションを使わない
こと。ローテーションを利用しながら動かすことに慣れていた私の身体は、身体の一部を
動かす度に自然にターンアウトをしようとローテーションのエネルギーが身体全体に働いて
いたのですが、左足が軸の時、このローテーション運動は予想以上に膝全体を使うようで、
半月板が半分になってしまった私の膝は、ローテーションしようとする度に、骨と骨がゴリゴリ
擦り合うような嫌な感じがしていました…苦笑。

そして明日、術後8週間…、リハビリ最後の日。
『バレエに本格的に復帰する気も、ジャンプする気も全くないけれど、緊急時に子供の手を
引っ張って走って逃げられるだけの力はないと困る…』という私の要望に応え、
私のリハビリ担当医は、明日、ジョギングの練習とジョギングのテストしてくれるそうです。
バランスボードの上でのシングルスクワットも、バーレッスンも…、今では痛みも腫れもなく
こなすことが可能になりましたが、実はまだジョギングは試みたことがなく少々ドキドキして
います。

しかし、
幼い子供を育てる母として…、
2匹の犬を飼う飼い主として…、
主人の留守に何かある際は私がこの子達を守らなければ…、
というわけで、明日、最後のリハビリ&ジョギングテスト…、精一杯頑張りたいと思います!!!







Cinevox Junior Company

2011-07-15 | 00:00

本日、SOLOへCinevox Junior Companyとの契約を譲渡されたいという現在ドイツ在住の日本人
ダンサーの方からご連絡をいただきました。
Cinevox Junior Companyに関する詳細は上記リンクよりご確認いただきたいのですが、Cinevox
Junior Companyは、ダンサーを雇用し、給料を支払う…というカンパニーではなく、年間を通して
トレーニング、及び公演機会を提供しているトレーニング機関のようです。

Cinevox Junior Companyのウェブサイトをご確認いただき、同カンパニーの活動にご興味のある
方は、『契約の譲渡』について下記までご連絡下さい。

お問合わせ: 竹本侑希子 frankly2o2y@googlemail.com


○注意○
この度の契約譲渡に関する当ブログでのご紹介は、好意によるものであり、SOLOの活動とは
一切関係ございません。よって詳細の入手、並びに譲渡に関する交渉等、SOLOでは一切
お受けしておりませんので、上記のお問合わせ先へお問合わせ下さい。
 

4日目…

2011-03-15 | 05:27

SoLoGを訪問して下さっている皆様…、

私達の母国、日本にて、人々が想像を絶する規模の大惨事に脅かされてしまった
この状況についてはご存知の方も多いと思います。

私自身も地震発生直後よりこの悲惨な状況を追い続けていますが、被災の大きさ
に対するショックや被災された方々への思い、そして助けることの出来ない環境に
置かれている自身の無力感等、何とも表現しようのない気持で毎日を過ごしてい
ます。

これまでと同様には戻るのが難しいながらも被災地にて普通の生活が出来るレベル
まで復旧するまで、そして日本や世界にいる日本人の心に残されてしまったこの
大きな傷痕が癒されるまで、これから先何年掛かるか想像もつきませんが、少なく
とも自らの足でまだ歩んで行ける環境に残された私達のような在外邦人は、少しでも
被災された方々やこの大惨事の復旧に貢献されている方々の力になれるようなこと
をして行けたら…という思いでそれぞれがそれぞれの方法で情報収集等をしている
ことと思います。

既に誤った情報や悪質な情報が出回ってしまっていますので、信じて良い情報か
どうかを判断すること自体難しくなってきていますが、このSoLoGには…、
Yahoo Japanボランティアにリンクされていた情報の中で収集したサイトをリンクして
みようと思います。

遠くからでもできること、すべきでないこと、被災地の人々に迷惑をかけず助けとなるための行動法まとめ

上記リンクサイト内にもありますが、
日本国外にいる方は、
■アメリカ
-携帯で90999へ「REDCROSS」とSMSを送ることで10ドルをアメリカ赤十字へ
-80888へ「JAPAN」、または「QUAKE」と送ることで10ドルをSalvation Army(救世軍)へ

-Amazon.comのアカウントを持っている方は同サイトよりアメリカ赤十字へ
-iTunesからもアメリカ赤十字へ

■カナダ
-携帯で30333へ「ASIA」と送ることで5ドルをカナダ赤十字へ

等の方法を利用して寄付することが出来るようです。
各国で詐欺サイトも多数出ているようですので、寄付を考えられている方々は可能な
限り信頼出来る機関に直接寄付した方が良いようです。

私個人も、
そしてSOLO Dnace Education & Consultingも
これからどのような方法でどこへ寄付するかを検討し、実行したいと思います。
そして…
今はただ、被災地にて1人でも多くの方が無事でいらっしゃることを心の底から願い続け、
まだまだ余震の続く日本にいらっしゃる人々が1日も早く安全に過ごすことが出来きます
よう心よりお祈り申し上げます。

マイアミにおける語学学校に対する取締りについて(マイアミ日本総領事館より)

2010-03-24 | 21:22


本日、マイアミ総領事館よりお知らせが届きましたので皆様へご紹介致します。



~マイアミにおける語学学校に対する取締りについて~



1.事案概要(報道内容)   

   今月初旬、米国国土安全保障省は、マイアミ市内において語学学校を経営していた
オーナーとマネージャーを詐欺容疑で逮捕した。同校は、移民局を騙して200名以上に
及ぶ外国人に対してビザを与え、外国人もこの学校に生徒として登録することで、米国に
留まることの出来る書類を受け取り、不法就労していた。現時点で少なくとも80名の
学生が拘束され取り調べを受けており、今後、自主退国や強制送還される可能性がある。
逮捕された者は、ブラジル、コロンビア、ドミニカ共和国、ホンデュラス、インドネシア、
日本、韓国、シリア、タイ、トルコ、トルクメニスタン、ベネズエラから来た者達である。   

   (注:その他の報道によれば、本件は同校が米国滞在が可能となるI-20を生徒
に発行後、 移民局への報告義務があるにもかかわらず、規定時間の履修をしていない生徒
に関する報告、履修時間の不足している生徒に対する通知を怠っていた模様です。また生徒
も、I-20の発行を受けた後に規定時間の履修をせず、不法就労していた模様です。)


2.注意事項

(1)今後も、治安当局による同様の取締りが実施されることが予想されます。学生ビザ
で米国に滞在されている方は、規定の履修時間を守りましょう。

(2)在京米国大使館のウェブサイトによれば、「F-1ビザ保有者は、状況によっては
働く許可を得られることがあります。M-1ビザ保有者の場合、就労が実地訓練の一環として
必要となる場合は、移民局の事前許可が得られた場合に限り、働くことが認められます。」
と記載されています。留学先の語学学校等や米移民局の担当者に必ず相談の上、規則を守り、
不法就労をしないよう十分にご注意下さい。



以下のウェブサイトをご参照下さい。

在京米大使館ウェブサイト
国務省ウェブサイト


* * * * *

この度ご紹介致しましたのはマイアミでの話ですが、実際には色々な土地で同様なことが
起こっているのではないかと思います。
ダンサーとして留学する場合、留学先のトレーニング環境(スクール)で一般教育課程を並行
して学習しない限りM-1ビザが発行されますが(一般教育課程を並行しているスクールはF-1
を発行します)、スクールを途中退学して日本へ帰国した場合(米国滞在許可期限内に)や転校
した場合等は、発行現であるスクールが移民局へ届ける必要があり、その手続きを怠ったり
間違ったりするとそれ以降の入国や滞在に悪影響を及ぼすこともありますので十分にご注意
下さい。

それでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。